院田悠生さん | くらす はたらく いちはら

くらす はたらく いちはら

市原市地域おこし協力隊として活動中院田悠生さん

「こっちに来てから、興味あることしかやってないんです。毎日楽しくてしょうがないし、満たされるのを感じます。」と語る、院田悠生さん

院田さんは2020年の7月に地域おこし協力隊として市原に移住してきました。
米沢の森での里山整備、谷津田の休耕田の復興、畑の開墾、築200年以上の古民家再生など地域の人と一緒に行っています。
もともと市原出身である院田さんは、大学入学を機に都内へわたり、卒業後は教職につきました。千葉市で1年生の担任をしていた際、ザリガニを見たことのない児童のために、授業の教材として地元市原から取ってきたそう。
「本当は近隣の水辺で一緒に取りにいける場所があったらいいと思いました。自然や生き物を肌で感じてこそ、子どもの興味が引き立ちます。」
それを機に、まだ里山が残っている市原で、子どもたちが家族と訪れることのできる自然環境を守りたい。子どもたちに、自分も好きな生き物ともっと触れ合って欲しい。そんな想いがうまれ、協力隊に応募しました。

現在は地元で里山保全活動をしている方に”弟子入り”し、草刈り、田んぼの畔や水路の整備、荒地の開拓など、自然に身を置いた暮らしをする院田さん。
「これまで、刈払機なんて使ったことがなかったけど、今一番楽しいことは草刈りかもしれないです(笑)。里山で新しく何かを始めるとき、全ての基本が草刈りですね。」

一緒に作業をする地域の方々にとって、院田さんが加わることが活力となります。そして、院田さんは知恵や技を受け継いでいく。このような支え合いの関係性を紡いでいくことが、地域の暮らしの本質なのでしょう。
学校の先生だった頃は、日中は授業を行い、夕方に事務をこなす忙しい日々を送っていたと当時を振り返ります。
「その頃は今日明日のことを考えるので精一杯で、学校で求められていたマルチタスクも実は苦手だったんです。今は、体を動かす機会は増えたけど、2つ3つのことじっくりこなすスタイルになり、心にゆとりが生まれましたね。」
得意分野や好きなことを深堀りできるのが、肌に合っているそうです。
院田さんは、様々な活動の種をまきながら、今地域の人々が行っている米沢の森や谷津田をどう継続して守っていくかという課題に向き合っています。
「現実的にどうしても後継者問題があります。思いをもった地元の人がまだ活動しているうちに、学べることは吸収して、お金が回る仕組みをつくる必要があると感じています。」と長期的な目標を掲げています。
「移住」というと、身構えてしまいがちですが、都心から1時間半の市原であれば、それほどハードルが高くないと院田さんは言います。

「ここには自分の好きなことをやっている素敵な大人が多いです。子どもたちがその背中を追うこととで、血の通った経験が出来るし、生き方の多様性も広がるような気がします。」
ひとりひとりとじっくり向き合う時間があるからこそ、関わる人の生き様に触れ、関係性を深めていけるのが魅力なのだそう。
人や自然に触れ、好きなことをとことんやってみる。そんなシンプルな暮らしをのぞきにきませんか?